油圧シリンダー油漏れ修理事例

1.油圧シリンダー修理前の状況

修理前のシリンダー外観
修理前のシリンダー外観

 
ピストンの傷・磨耗状況
ピストンの傷・磨耗状況
シリンダー内径傷の外観
シリンダー内径傷の外観
パッキン損傷状況
パッキン損傷状況

↓

2.油圧シリンダー修理後の状況

各損傷部修理完了後パッキン交換組立
基本性能検査(耐圧試験・内部リーク、外部リーク試験等)の実施

修理後のシリンダー外観
修理後のシリンダー外観

 


メリット事例

定期的なロッドの補修を研磨-クロムめっき-研磨-バフで実施しているが、補修対象品の受入検査でキズが殆どなかったため、バフのみの補修で問題ないことを提案し実施した。
コスト的にも納期的にもメリットがあり、品質上の問題も発生しなかった。
 


提案型事例

油モレが生じるたびにロツドとブッシュの補修を実施していたが、ブッシュの材質をBCから高分子系の軸受に変更する提案をして実施した結果、長期にわたり油モレはなく正常に作動している。


油圧シリンダー オーバーホール

傷、腐食のオーバーホール前ピストンロッド

ピストンロッド ピストンロッド

↓

研磨→硬質クロムメッキ→研磨→バフ仕上げにより新品に再生

ピストンロッド ピストンロッド
ASSY品からのオーバーホール オーバーホール依頼品