油圧シリンダー修理の流れ

引合

↓

見積

↓

製品引取り・受入

アッセンブリ品・パーツ単品などをお客様よりお引取り致します。

1 2
3 4

↓

分解点検・診断

傷・錆・動作などの診断結果により、補修又は新規製作の判断をし、お客様と相談させて頂きます。

↓

追加見積

↓

パッキン交換・補修・新規製作

パッキン Oリングについては全数交換となります。
ただし特殊なパッキンはお客様より御支給させて頂いております。

 

補修例

  • ロッドに傷がある場合『研磨→メッキ→研磨→バフ仕上げ』(場合によってはメッキを剥離します)
  • シリンダーに傷や錆がある場合ホーニング加工で補修致します。
  • ロッドに曲がりがある場合曲がり直しで補修致します。

補修例

↓

組立

↓

性能検査

本社で実施する検査は以下の通りです。

  • ストローク検査 
  • 外部・内部漏れ検査 
  • 最低作動圧検査 
  • お客様指定の検査

 

性能検査中の画像 当社テストスタンド

テスト1 テスト2 テスト3

↓

塗装

再塗装で外装もリニューアル!

塗装

↓

出荷

 

 

その他

重量は3t以内となります。
各種寸法についてはその都度ご連絡頂きお見積を提出致します